何度も来る地震の揺れを半減する

 

阪神淡路大震災でも

全壊半壊ゼロ件の実績

「耐震等級3相当×制振構造」

 

 

 

こんにちは、

ヤマト住建八王子店です。

 

ヤマト住建の本社は「神戸市」にあり、

2020年は創業33年になります。

 

創業社長の西津の

”家は頑丈やないとあかん!”

という想いから、創業以来、

頑丈さに磨きをかけてきました。

 

そんななか平成7年に阪神淡路大震災

起こりましたが、おかげさまで頑丈な

家づくりによって、半壊全壊ゼロ件の

実績でお客様ご家族の命をお守りする

ことができ、いまでも西津の部屋には

お客様からの感謝状が飾ってあります。

 

そんなヤマト住建の構造は

日本古来の「木造在来工法」と

「パネル工法」の掛け合わせ工法です。

 

f:id:Yamatojktachikawa:20200713115716p:plain

 

 

 

ヤマト住建が「在来工法」にこだわるワケ

それは長寿命の家づくりをしているからです。

 

日本の住宅寿命は約30年と先進国で

一番短く、ドイツ79年、フランス86年と

比較しても半分、又は1/3程度です。

 

ヤマト住建は「日本の住宅を世界基準にする」

という使命で、長期優良住宅に取り組みます。

 

そのためにはパネル工法のように頑丈で、

間取りをリフォーム出来る可変性のある

在来工法を基本にしています。

 

そして、ヤマト住建は地震の揺れを半減する

「制振構造」が標準仕様となっています!

 

f:id:Yamatojktachikawa:20200713112446j:plain

 

 

世界トップのドイツの車パーツメーカーで、メルセデスベンツ、ポルシェ、フェラーリ、レクサスなど高級車の快適な運転を支えるBILSTEIN(ビルシュタイン)社

 

 

f:id:Yamatojktachikawa:20200713112455p:plain

 

 

 

BILSTEIN社製のサスペンションの信頼性が、住宅の制振構造に活かされています。

制振構造のなかで唯一20年保証が付いています。

 

 

■ヤマト住建のOB様が体験した大地震

 

2018年6月18日午前7時58分頃に

大阪北部地方を中心としてM6.1の大地震が

発生し、各地でたくさんの被害が出ました。

小学生が通学路で倒れてきたブロックの

下敷きになって亡くなったのもこ大地震です。

 

その大地震のあとにInstagramである投稿を

うちの女性スタッフが見つけました。

 

「震度5弱で扇風機の上の電話の子機が

倒れないほど、我が家は揺れなかった」

という内容のものでした。

f:id:Yamatojktachikawa:20200713113207j:plain

 

 

 

こちらのOB様のインタビュー動画を

ぜひご覧になってください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

https://youtu.be/HNcC-svg3HA

 

いかがでしょうか?

震度5弱で、これだけしか

揺れないものなのか?

驚きますよね。

 

ヤマト住建立川店ではこの地震体験ができます。

起震機により制振装置を体感できます。

 

ぜひ、ご来場の上、体感してみてください。

 

 

f:id:Yamatojktachikawa:20200713113303j:plain