一戸建ての購入を検討の方必見!注文住宅と建売住宅の違い

建売住宅

一戸建ての住宅には、大きく注文住宅と建売住宅の2種類があります。
一戸建て住宅の購入は一生に一度の買い物である場合が多いですが、注文住宅と建売住宅はそれぞれ特徴に違いがあります。
そのため、一戸建て住宅の購入を検討する際は、注文住宅と建売住宅の特徴の違いについて知っておくことが大切です。

 

一戸建てとは

そもそも一戸建てとは、一般的には一つの建物に一世帯が住む住宅のことを指しています。
ただし、二世帯住宅も一戸建てに含まれるため、あくまで家族が一緒に暮らす住宅が一戸建てとなります。
一戸建ての特徴には様々なものがありますが、その特徴はマンションなどの集合住宅と比べると分かりやすいでしょう。
集合住宅と比較した際の一戸建てのメリットには、土地が資産となり、庭や駐車場を所有することが可能である点や、騒音トラブルが起こりにくく、プライバシー面に優れる点、リフォームや建て替えが自由で、管理費などの固定費を必要としない点などが挙げられます。
一方で、主なデメリットには、維持管理やリフォームのための貯蓄計画が必要となる点や、庭を持った場合は手入れが面倒な点、防犯意識が必要となる点などがあります。
一戸建てには、注文住宅と建売住宅とがありますが、基本的にはどちらも以上のようなメリット・デメリットがあるのです。

 

注文住宅の特徴

注文住宅とは、文字通り注文してから建築する住宅のことを指します。
建築事務所やハウスメーカーなどに希望する家の設計を依頼し、工務店などの施工会社と建築請負契約を結ぶことで建築が始まりますが、土地を所有していない場合は、土地探しから始めなければいけません。
注文住宅の最大の特徴は、法令や予算の制限の中であれば、自分たちの希望に沿った家が実現できることです。
希望の間取りが実現できることはもちろん、キッチンやトイレなどの住宅設備から、外観イメージを左右する外壁や屋根、内装の細かなデザインに至るまで自由な設計が可能です。
一方で、設計図だけでは実際の家をイメージしにくいというデメリットがありますが、近年は3Dイメージを作成してくれるケースも多くなっているため、実物を見ずとも具体的なイメージを持つことが容易となっています。

 

建売住宅の特徴

建売住宅とは、土地と建物がセットで売られている住宅のことを指します。
注文住宅とは違い、まとまった土地をいくつかの区画に分けてから、同じような仕様の住宅を数棟から数十棟ほど一気に建てることが一般的です。
また、すでに建物が建っている場合と、建物は建っておらず設計プランのみが完成している場合とがありますが、建物が未完成な状態で販売されている場合でも基本的には設計プラン通りに建築されることになります。
建売住宅は、規格化された建材を一括で仕入れたり、工事を合理的に進められたりするため、同じような家を建てた場合は注文住宅よりもコストを抑えることが可能です。
加えて、住宅と土地をセットで購入することになるため、契約手続きが比較的簡単で、建物が完成済みの場合は契約が成立してから入居までの期間が短いという特徴もあります。

 

注文住宅と建売住宅の違い

上記した注文住宅と建売住宅の特徴を踏まえた上で、それぞれの違いをまとめます。

  • 費用の違い:建売住宅の方が安く抑えることが可能です。
  • 間取り・デザインの自由度の違い:注文住宅の方が優れています。
  • イメージの持ちやすさの違い:建売住宅の方がイメージしやすいです。
    (3Dイメージの普及により注文住宅でもイメージしやすくなってきています。)
  • 土地に関する違い:自己所有の土地がない場合、注文住宅では土地探しが必要となりますが、建売住宅では不要です。
  • 契約手続きに関する違い:建売住宅の方が比較的簡単です。
  • 入居までの期間の違い:土地探しから始めた場合、注文住宅では一年以上かかることもありますが、完成済みの建売住宅であれば契約から一か月程度で入居できることもあります。

このように、注文住宅と建売住宅には様々な違いがあるため、両者の違いを十分に理解しておくことが重要です。

 

おわりに

一戸建て住宅は、大きく注文住宅と建売住宅に分けられますが、それぞれ特徴に違いがあります。
主な違いとしては、価格・間取りなどの自由度・イメージの持ちやすさ・土地・契約手続き・入居までの期間などが挙げられますが、どちらが優れているのかは考え方次第です。
しかし、一生に一度の買い物を失敗しないためにも、一戸建て住宅の購入を検討する際は注文住宅と建売住宅の違いを十分に理解しておきましょう