住宅雑誌と住宅展示場の落とし穴

住宅雑誌と住宅展示場の落とし穴

 

本日は住宅情報誌と住宅展示場についてです。

 

 

今は様々な住宅雑誌がありますが、住宅を購入するのに

 

あまり住宅雑誌ばかりを鵜呑みにしてしまうのは危険です。

 

 

明るくて広々としたリビングのソファーに、 家族が笑顔で並んでいる写真。

もちろん、掲載された施主様への心遣いから値段は書いていない・・・

 

しかし、どの紹介例ももっともらしいことが書いてあります。

 

素晴らしい写真たちに購入意欲をかきたてられますよね。

 

そして、「住まいづくりガイド」や「住まいづくりの豆知識」 などの

 

記事があります。

 

f:id:Yamatojktachikawa:20200717131821j:plain

 

 

でも、デメリットなどが書かれているページはあまりありません。

 

 それはなぜか・・・

  

住宅雑誌は大手メーカーの広告などを載せているので、

 

あまり悪い事は書いてない場合があります。

 

 

大手メーカーが悪いわけではなく、 家を検討する場合は

 

メリットデメリットきちんと知る事が大切です。

 

 

f:id:Yamatojktachikawa:20200717131830j:plain

 

 では、いざ家を建てよう!と思ったら、

 

住宅展示場へ行ってみよう!と思い立ちますよね。

 

でも展示場では落とし穴がたくさんあるんです。

 

  • 広すぎて現実離れしてる。
  • 豪華な仕様になってる。
  • 家具や調度品で飾られてる。
  • 本体価格に含まれない照明器具やカーテンで飾られてる。
  • いいことしか説明してくれない事も。
  • ひっきりなしに営業が来る。

 

 

何の予備知識もなく、総合住宅展示場のモデルハウスにいくと、

ほとんどの人が魔法にかけられてしまいます。

 

 

まず、豪華な外観で夢心地にさせられて、

立派な玄関ドアを開けると、

旅館かと思うほど広い玄関とホールに驚く。

それは、驚くように創っているからなんです。

 

f:id:Yamatojktachikawa:20200717131838j:plain

 

次に、最高級のシステムキッチン、広いお風呂にジェットバス、

 

重厚な無垢の床、ペアーガラスの大きなサッシ、

 

いかにも高そうな厚手のカーテン、とオプションのオンパレード。

何が標準品か、なかなか分かりづらいですよね。

 

 

モデルハウスは夢の国の様な作りなんです。

建物本体以外がすごいんです。

無垢で作られた下駄箱やオシャレな家具。

大きなソファーやベッドなど

ヨーロッパの食器、映画に出てくるような調度品の数々。

これらは全部、自分で買うものなんです

なかなか、みんながみんな買える代物ではありませよね。

 

 

また、照明器具も高級ブランド品です。

これも建築費には含まれてないので、自分で買わなければいけません

 

 

そして何より一番現実離れしているのがその広さ。

70坪、80坪はあたりまえ、なかには100坪以上の建物もあったりします。

 

さらに坪単価ですが、現実に建てられる家は60万円~70万円なのに、

展示場の家は、坪100万円以上はかかってくる事もあるんです。

 

 

でもこれ、実は魔法にかからない方法があるんです。

それは

 

「この展示場と同じ物ならいくらですか」と聞くことです。

その答えを聞けば、魔法は解けます。