二世帯住宅の家

安らぎも絆も大切にしながら、お互いの生活を楽しむ暮らし。
二世帯住宅なら叶えられます。

ひとつの住まいを家族みんなで分かち合う。何かあったときに助け合える。子育て環境の向上。
生活費の節約。家族のつながりが求められているいま、二世帯で暮らすことが注目されています。

f:id:Yamatojktachikawa:20201002103138p:plain

ご家族に合わせた二世帯・三世代同居スタイル

二世帯住宅はゾーニング・プランニングの少しの配慮で快適さが大きく変わります。
家族みんなで食事や団欒を楽しみたい、一緒に子育て・孫教育をしたい、プライバシーを重視したいなど、親世帯・子世帯それぞれの立場や考え方、生活時間など、二世帯住宅の在り方はご家族によって様々です。

親エリアと子エリアの配置方法は大きく分けて2種類

両世帯間の壁には高い防火性能や遮音性能が求められ、それによって独立性が確保されます。
また、同居するのが息子夫婦なのか、娘夫婦なのかによってもゾーニングやプランへの配慮は変わってきます。

 

 

f:id:Yamatojktachikawa:20201002103324p:plain      

  • 平面分離(連棟)型各世帯は、左右に隣り合いながら一体化した建物となっています。 両世帯に1階と2階があり一戸建て感覚で住まうことが可能で、 日当たりや風通しなどの良さをそれぞれが感じられます。

f:id:Yamatojktachikawa:20201002103435p:plain

  • 上下階分離型各世帯は、上下階に住まい分けを図りながら一体化した建物となっています。 最も一般的なゾーニングでそれぞれが平屋感覚で住まうことができ、居住スペースをゆったりと設けられます。

同居スタイルとプランニング

二世帯住宅の同居スタイルはご家族によって様々です。
親世帯と子世帯がどの程度共有するのかによって、同居スタイルは大きく3つに分かれます。
お互いが心地良い距離で暮らすために、まずはプランニングのポイントを確認してみましょう。

 

  独立同居タイプ

  • 二世帯住宅の同居スタイル 独立同居タイプ

    それぞれのライフスタイルを尊重し、三世帯が気兼ねせずに暮らす

     

    f:id:Yamatojktachikawa:20201002103759j:plain

    • 一部同居タイプ
      二世帯住宅の同居スタイル 一部同居タイプ

      共有するポイントを決めて、親世帯と子世帯がプライバシーを確保しながら暮らす

       

      f:id:Yamatojktachikawa:20201002103820j:plain

      • 完全同居タイプ
        二世帯住宅の同居スタイル 完全同居タイプ

        各居室以外はすべて共有し、大家族でにぎやかに暮らす

         

        f:id:Yamatojktachikawa:20201002103857j:plain

        f:id:Yamatojktachikawa:20201002103932p:plain