冬の窓際でも暖かい樹脂サッシ😊

実は暖かいお家で過ごすには何といっても外気の影響を最小限に抑える事が重要なんです

ヤマト住建ではなんと100パーセントの樹脂サッシを標準採用しているんです‼️

断熱 気密 結露 防音 という部分で大きな効果を発揮します。‼️

窓の気密・断熱性能が上がると冷暖房費の節約はもちろんのこと結露防止や防音効果の

向上につながるんです 😃

 

 

 
 
Low-Eトリプルガラスを使用した高断熱樹脂サッシ

四季を通して快適に暮らすには、窓や開口部の性能を高め、暑さや寒さの影響を最小限に抑えることが重要です。
冬季に窓から流出する室内の熱は58%、逆に夏期ではなんと73%もの熱が室内へ流入。
壁や屋根からの値が10~20%に満たないことを見ると、窓の性能によって住宅の快適性が大きく左右されることがわかります。
高断熱樹脂サッシの採用することで、開口部の気密・断熱性能を高めています。
遮熱・断熱効果を持つLow-E複層ガラスに、空気より熱伝導率が低いアルゴンガスを封入することで、紫外線と日射熱を大幅にカット。
サッシに使用している樹脂素材はアルミの約1,000分の1の熱伝導率。結露が起きにくいのでカビやダニの発生を抑制でき、また防音効果も大幅にアップします。

 
熱の流入出から見た開口部の重要性
なるほど~窓からの熱の流入はお家の7割も占めているんですね
窓の気密・断熱性能を上げる事は快適に暮らすポイントなんですね💕
 
暖かいお家作りのお話しをヤマト住建では
ご相談させていただきます😃💕
 
ご来場お待ちしてます🏠😃